『ハロ!ステ』でまたまた酷い音ズレ事故! 田村芽実『ぁまのじゃく』がボロボロに… →修正版を作ってみた

この間の小田さくら『青春コレクション』につづいて、『ハロステ』でまたもや酷い音スレ事故が発生した。いったい、動画編集スタッフはどういう体制で仕事をしているのか。完成版をチェックする人間はいないのだろうか。

まずはこちらをご覧頂きたい。

ズレてますよね?これ。

いや、このメンバーにソロ歌唱をさせるという企画は非常に素晴らしい企画で、ファンとしてはたまらないものがある。今後もどんどん色んなメンバーに色んな曲を歌わせて欲しい。しかし、素人耳にも分かるほど激しく音がずれていては、メンバーや曲の新たな魅力を伝えるどころか、まるでリズム感ゼロの音痴メンバーのようにネガティブキャンペーンとなってしまう

ネットの反応を見てみると、ミックスの音ズレの可能性を指摘する人もいるが、案の定「下手な歌い方」「歌が遅れてる」など、田村個人への批判が相次いでいる。

ネットの反応

  • 田村なんだよ
    この下手な歌い方
  • この粘っこい歌い方なんだよw
  • 少しもたれ気味のリズムできてるな
  • なんか歌ワンテンポ遅くない?
  • 田村が全然上手くないんだけど
  • 歌い方に変なクセがついた?
  • これオケと合わせてやれよ
  • クドいw
  • めいめい微妙 てかはっきり言って下手
  • このコーナーはいつもオケがずれてる
  • これ歌とってあとから音楽と合成したんか?
    ズレがひどい

修正版を作ってみた

こんなつまらないことで、スマイレージの歌唱番長・田村芽実の評判が下がるなどということは看過できないので、また勝手に修正版を作ってみた。(諸事情により色、左右反転加工済み)

いかがだろうか。オリジナル版と聞きくらべてみて欲しい。

今回のズレは、小田さくら『青春コレクション』よりも更に酷い。繰り返すが、この企画自体は本当に楽しみにしているので、編集スタッフはもっとちゃんと仕事をして欲しい
というか、この作業を動画編集スタッフにやらせるのが間違いなんじゃないだろうか?

歌とオケを別撮りにしてミックスするならば、動画編集スタッフが手元のPCで作業するのではなく、ちゃんとレコーディングエンジニアがミックスまで作業をして渡すべきだろう。そのコストが負担できないならば、その場でオケを流して一発録りにしたほうがまだいいのではないか。むしろカラオケボックスで録音してもまだマシかもしれない。今回はそのくらい酷い。

『ハロ!ステ』スタッフには、今一度、真剣にこの問題について検討していただきたい。

付録:音ズレ修正版の作り方

前回(小田さくらソロ『青春コレクション』編集ミスの可能性を追求する)に続いてまさか2回もこの作業をするとは思わなかったので、2ヶ月前の記憶を思い出しながらやったら時間がかかってしまった。「二度あることは三度ある」の言葉通り、またこういう事故があったときのために、音ズレ修正版の作り方を記録しておく。

  1. 動画を用意する
    動画のダウンロードとかそういう話は割愛する。
    今回は動画の一部だけを使うので、動画をトリミングする必要がある。
    Free Video Dubを使用。再エンコードなしで動画を切り出せるので早くて劣化せず便利。
  2. 動画から音声を抽出する
    Pazera Free Audio Extractorを使用。MP3でも抽出できるが、後の作業のためにWavで抽出。
    用意した音楽がMP3だった場合のWav変換もこれで行なう。
  3. 通常音声とインスト曲をあわせてボーカル抽出する
    前回の小田のときは、ボーカルキャンセラー2を使用。このソフトは単一ファイルから位相と周波数でボーカル抽出をしてくれ、手軽で便利。ただし今回の曲はリズムトラックとボーカルトラックの位相が近くドラム音が混ざってしまうので、面倒ながら別ソフト 歌声りっぷ を使う。これで2つのMP3音声を合わせてトラックを弱める事ができる。ただしCD曲とCDのカラオケバージョンなら開始位置が同じなのですぐにできるが、今回のような場合曲の始まりをピタリと合わせるのがなかなか難しい。後述ソフトを使う。
  4. ボーカルとインスト曲をトラックダウンする
    RadioLine Freeを使用。4トラック8チャンネルをミックス可能。
    前項、『歌声りっぷ』で音の開始位置を合わせた音声ファイルを作成するときもこれを使う。波形パターンを見てなるべく合わせる。ここでどれだけ合わせられるかによってボーカル抽出の精度が影響を受ける。
  5. トラックダウンした曲と映像を合わせる
    Windows Live Movie Makerを使う。最新版ではMP4が使えるようになっているので便利である。

以上。ちょっと面倒で時間がそれなりの時間がかかるが、こうして丁寧に作業すれば、素人でもそれなりのものが作れるのだ。しかも一番面倒なのは録音された音声からボーカルだけを抽出する作業。ハロ!ステの編集スタッフにはこの作業はない。最初からボーカル音声が与えられて、カラオケ曲と合わせるだけである。

ファン向けの無料動画に、それほどの予算や労力をかけていられないというのは分からなくもない。しかし、最低限のところは抑えておいてくれないと、どんなものでも楽しめるはずのファンでさえ楽しめない。

(文=宮元 望太郎)

スポンサーリンク

“『ハロ!ステ』でまたまた酷い音ズレ事故! 田村芽実『ぁまのじゃく』がボロボロに… →修正版を作ってみた” への8件のフィードバック

  1. avatar アライブ名無しさん より:

    めいめい大好きなのでありがたいです
    スタッフはちゃんとしてほしい(怒!!)

  2. avatar アライブ名無しさん より:

    編集してるスタッフって聴覚が悪いんじゃないかと思う
    それとBGMが大きすぎるんじゃないですかねいつも

  3. avatar アライブ名無しさん より:

    苦情しか言わないなw

    お前はw

    ハロプロのことを思って書いてるかも知れんが見てる側からすりゃ害悪にしか思えんぞ。

  4. avatar アライブ名無しさん より:

    大下と倉持は大事な商品であるメンバーを守って欲しい
    常日頃とまでひわないので大事なアピールの場の時くらいはチェックして欲しい

  5. avatar アライブ名無しさん より:

    >>3
    音ズレ動画垂れ流してるほうが害悪だろ
    それにどうせこんなサイトハロヲタしか見ないんだが
    害悪だという見てる側のお前の立ち位置はどこ?

  6. avatar アライブ名無しさん より:

    なんかズレに酔ってきますからね
    これ気付かないほうがちと問題がある
    言われてる方いるけどオケの音量も毎度意味なくデカいし

  7. […] >http://www.alivem.net/smileage/413/ >こんなつまらないことで、スマイレージの歌唱番長・田村芽実の評判が >下がるなどということは看過できないので、また勝手に修正版を作ってみた […]

  8. avatar アライブ名無しさん より:

    イベントの動画とか見てると、オケのはじめにカウントを打つ音が入ってますが、
    歌い手にそのカウントに合わせて指を動かすなどの合図をさせれば、
    後で映像と音を重ねるときの目印になって簡単に改善できると思います。

    オケの音がやたら大きいのにも同感です。

『ハロステ』元動画がズレていた? 田村芽実『ぁまのじゃく』をめぐる議論 | カラフル x ハロプロ にコメントする コメントをキャンセル